雑記と記録。

日々の感想と(主に食べ物)残しておきたい記録(主に食べ物甘い物)

ウェスティンホテル東京『【ザ・テラス】マロン・デザートブッフェ』2017年11月

恵比寿ガーデンプレイスはひと足早いクリスマスモードに突入していました!でも私はまだまだ『マロンモード』ですよ〜!

◆ブッフェ概要
2017『マロン・デザートブッフェ』
場所:ウェスティンホテル東京【インターナショナルブッフェレストラン「ザ・テラス」】
期間: 17/10/2~17/11/30(平日限定)
時間:15:00~17:00
料金:3,700円(別途消費税、サービス料13%加算で通常4,515円)

先月に引き続き伺いました『マロン・デザートブッフェ』
一つの素材からこんなにも多彩な味わいと出会える、テラスさんのマロンの世界!今月もとても楽しくてハッピーな時間を過ごす事が出来ました(^^)

いただきます♪

※名札にお酒使用表示のある物に『*』マークを付けてあります。

上段:カシスとマロンのフール、ラズベリーとマロンのトライフル
中段:マロンとコーヒーのクリーム、チェリーのフラン マロンのクリーム*、カスタードプリン マロンクリーム
下段:マロンとラズベリーのピュイダムール、マロンシュークリーム*

  • カスタードプリン マロンクリーム


上に絞られたマロンホイップが甘くてクリーミーで美味しいポイントでした。
流し込まれたアングレーズソースのトロリ感に、ゆるゆるプリンを期待しましたが『カスタードプリン』らしく、かっちり卵感のあるプリンでした。
カラメルソースはさらさらタイプ。


クリーム主体のグラスパフェ。マロンホイップ、ラズベリーソース、またホイップにザクザククッキー片。
ラズベリーソースは甘めでマロンと喧嘩せず、馴染んだ味わいで美味しいです(^^)
クリームクリームしているので、口当たりは軽いんですが、胃には重くて私的にはボリュームを感じました(でも幸せの味。マロンホイップを堪能出来て嬉しい)
マロン✕ラズベリーの組み合わせは甘さと酸味の一体感が心地好く、鉄板の組み合わせですがやはり、美味しいですね!

  • カシスとマロンのフール


こちらはテラスさんらしい、振り切った酸味系デザート!(この振り切り具合が好きです)
軽いマロンホイップの下にはぎゅんぎゅん来るカシスムースと果実でがっつり酸っぱい尖ってます!
マロンの甘さが更に酸味を引き立てています(笑)私は好きです!酸味によるさっぱりとクリーミーさが美味しいです(^^)

私的にはリフレッシュデザートとして、ウキウキとお皿を構成する好きなメンバーなのですが…酸味が苦手な方は避けた方が良いかもしれませんね。マロンよりもカシス主体なデザートでした♪

  • マロンとコーヒーのクリーム


デザート名通りのクリーム構成なデザート。
マロンのまろやか甘クリームの下に、色は薄いですがしっかりとほろ苦い、粒々コーヒークリーム。コーヒーは香りよりも、苦味が勝って感じました。
甘いマロンコーヒーの苦味対比を全てクリームで表現していますので、クリームがお好きな方に特におススメ♪
後半この壺タイプの器から変身していました☆壺は可愛いけど、スプーンがギリギリで底まで食べ辛いので、後半出て来た器の方が食べやすいかも(笑)

落ち葉に埋もれた毬栗の様なデザインも素敵です(^^)

  • チェリーのフラン マロンのクリーム*


これ!ビジュアルも可愛いし、大好きな味です!
お酒スイーツ、クリームたっぷりがお好きな方に、かなりおすすめ♪

たっぷり絞られた優しいマロンホイップにはキャラメリゼナッツチョコレートソース。この部分だけでもかなり美味しいの。
中には今度は濃いお味のマロンペースト、カスタード、グリオットチェリーがイン!
お、お、美味しい〜〜〜!
全部私の好きな物です(^^)

上のマロンホイップが結構な量なんですが、トッピングがただの飾りじゃ無く、重要な美味しい要素です♪この部分だけでも美味しく食べられるのに、更に食べ進めて訪れる、中の大好きな鉄板の組み合わせが、本当に堪らないです。お酒の効いたチェリーからじゅわーっと幸せが染み出しますよ

この器でパフェみたいな満足感!ボリュームあるので一つで我慢しましたが、大変お気に入りでした♪
とてもおすすめなので構成がお好きな方は、是非食べてみて下さいね。

小さな器の中に大好物の幸せが詰まっていました。もうにっこにこ。


来たー!大好きなピュイダムール!また会えて嬉しいです(^^)

ふわっほわっのクレーム・シブーストのやわやわ感、蕩ける口溶けと甘さにうっとり…していると、ラズベリーの甘酸っぱいきゅん!が来て、マロンペーストのコテっとした甘さが続きます。
纏める器のタルトはザックりざくっと!かなりの焼き込みでタルト生地もクッキーとして味わえる位♪

ピュイダムール。これ本当に美味しいお菓子ですね。いただいているとほわ〜〜っと幸せになれます(^^)素敵。私の中でテラスさんの、好きなデザートにランクインしています(いっぱいあるけど)

両手に持って二個同時に食べたい衝動に駆られる

  • マロンシュークリーム*


見て下さい!もりもり盛られたマロンクリームのシューの整列する、この愛らしい様子。何かもう、これ見れただけで胸いっぱい、来て良かった感…じーん。病気でしょうか


か、可愛い…

勿論、お味も最高。
シュー皮のお帽子を退けると、たーっぷり絞られた甘いマロンクリーム。
ちょこっとのザラついた重みのある口当たりは、マロンクリームを食べている〜〜!と満足感があります。中央に生クリームとカスタードのテラスさんにしては、非常にオーソドックスな作り。それがとても良かった

シンプルな構成はどこかホッとするお味で、大切にちびちびと食べ進めたい、マロンフェアに相応しい、美味しいシュークリームでした(^^)

可愛くて美味しい。ほっこり美味しい。あぁあぁ~もう一つ食べたかった…

二皿目

上段:マンゴープリン マロンクリーム、マロンとチョコレートのキャンディーバー、マロンとリンゴのカシス入りチーズタンバル
中段:洋ナシとフロマージュブランのマロンシャンティ*
下段:レアチーズと安納芋のモンブラン、チョコレートとマロンのケーキ*

  • マロンとリンゴのカシス入りチーズタンバル


お馴染みタンバルシリーズ。カッテージチーズもトッピングされた甘さの薄いチーズクリームと甘いマロンクリーム、カシスやリンゴの果実が入り、底にはビスケットの構成。
チーズにマロンに果物と、個々は美味しく好きな物の組み合わせでしたが、食べた時にあまり味わいに統一感が無く、それぞれの素材が詰まった、という印象でした。

ゴロゴロ入った素材は贅沢で嬉しかった!

  • マロンとチョコレートのキャンディーバー


毎回手に取らずにはいられない、可愛いチョコレートのビジュアル。
今回はバーを持ち上げると器の底に、無糖の細かく砕かれた栗片が敷き詰めてありました。
チョコレートバーを栗片にディップする食べ方が正解でしょうか。
チョコレートバーはコーティングの中はモコっとした口当たりのチョコレートムース。お口で溶けると薄ら酸味を感じるチョコレート。美味しいです♪
テラスさんらしいアイデアは大好きですが、味わい的には正直、栗片は無くてもチョコレートだけでも良いかなと思いました(笑)

  • マンゴープリン マロンクリーム

まさかのマンゴー✕マロンの組み合わせ!テラスさんじゃなきゃ味わえない!?こういうの好きでワクワクします。
そして意外に(失礼)私的には『あり!』美味しいです。南国系のフルーティさにマロンのこっくり感はどうなの?と思いますが、ジューシーというより、マンゴーの深みのある甘さはマロンとの馴染みも良く感じました。
ふっと最後に鼻に残る南国系フルーツの爽やかさがマロンと不思議な相性。
新しい味わいを知る事が出来てとても嬉しい!キャパが許せばもう一度食べてみたかったなぁ。


今月マロンシャンティ(マロンホイップ系)を使用したクリーム系のデザートがとても多い印象です。これもそのひとつです。更にとてもボリューミーです!(生クリームがそこまで強くない私には量が重めでした)

甘いマロンシャンティとフロマージュブランのこっくりしたコクは合いますね♪
ただ下のコンポートされたやわやわ食感の洋ナシの水分が、たまたまか、少々水っぽい感じがして、フロマージュブランと分離して感じました。
印象と見た目は似ていますが、チェリーのフラン マロンのクリーム*の方が個人的には好みでした(^^)

  • チョコレートとマロンのケーキ*


アトリエコーナーのお気に入り。
ちょっとボソボソした食感のチョコレートスポンジはしっとり洋酒が染み込み良い風味。マロンクリームの甘さとも良く合います。
シンプルな大人味のマロンケーキで美味しかったです(^^)


今月同じ土台のクッキータルト系が多い気がします。こちらもタルトカップデザート。
レアチーズムースが中に入り、安納芋のクリームがモンブラン状に絞られています。
安納芋のクリームが思ったよりも芋芋しておらず、お芋味のたっぷりホイップ。と言った印象。
レアチーズ部分も甘さ控えめなので、私には少しインパクトのない、優しい味わいでした。個人的には安納芋をダイレクトに感じられる、ほっくりしたお芋!な感じが欲しかったかな?

芋芋感が苦手な方には滑らかにいただける、上品なお芋のデザートとしておすすめです♪

クリーミー感は抜群!

三皿目

上段:ヨーグルトとアプリコットのマロンクリーム*、柚子風味のマロンヨーグルト
中段:モンブラン『和』*、栗と黒豆のパンナコッタ*、モンブラン『フランス』*
下段:無花果とマロンのタルト、チョコレートクリーム 赤いベリーのマリネ

  • 柚子風味のマロンヨーグルト


これも斬新。
柚子マロンのゆるーいとろんとろんソースの下にヨーグルト
味わいの主体は、マロンの甘さとまったりした旨味ですが、柚子がマロンに爽やかな風味をプラスして、スッキリとしたマロンソースに仕上げています。
元々マロン自体の香りは弱いですから、味わいは変えずに、風味だけ付けて、ヨーグルトの酸味と馴染み良く仕上げているのが凄いな〜!
これもまた、テラスでしか、きっと味わえないデザートですね♪


これ好き好き。これ美味しい!(^^)
甘くてクリーミーなマロンクリームに乗ったパールチョコも何気に美味しい♪
ヨーグルトアプリコットソース、そしてドライを戻したジューシーなドライアプリコットがごろん。と二つ入っています。存在感大!で嬉しくて美味しいポイント。

クリーミーさとアプリコットの甘酸っぱさ、繋ぐヨーグルトの爽やかさ。
食べ進めて行くと訪れる変化が喧嘩せずに、とても上手く馴染んでいます!上のマロンクリームの美味しさも引き立っていました。

マロンとアプリコットって合うんですね!ヨーグルトを合わせちゃうなんて凄い発想。此処でしかいただけない、素敵なグラスデザートでお気に入りでした。

あぁ…このマロンクリームとアプリコットソースのとろ甘酸っぱさが堪らなく好きです

  • 栗と黒豆のパンナコッタ*


実りを感じる素材を集めたパンナコッタ。まさかのゴリゴリ食感アーモンドまで乗せるとは、テラス色!のデザートですね♪
纏めるソースは甘さと苦味が立つソース。コリコリゴリっと、お豆はムニっと、色んな食感とまろん。としたパンナコッタのハーモニーは不思議で病みつき(^^)


マロンフェアの看板メニューの二つ。先月に引き続き会えて嬉しいです。

今月は洋栗✕生クリームのデザートが多いせいか、モンブラン『和』のマロンペーストの滋味深い、甘さ控えほっこりな味わいがとても美味しく感じました。
和栗のペーストで『フランス』の王道な作りのモンブランが、私の理想だなぁ…♡と、なんとも贅沢な妄想をしながら、今月もこのレベルのモンブランをいただける事に感謝でした。

テラスさんのモンブラン本当に美味しいです(^^)この品質がブッフェでいただけるのですから…素晴らしいです!心から感謝。

  • チョコレートクリーム 赤いベリーのマリネ


見るからに柔らかくて酸っぱい私の好きな子。

チョコレートクリームはぬたぁ〜とした濃厚な舌触りでビターな苦味もあります。
赤いベリーのマリネはビネガーと果実の酸味で濃縮したぎゅっと来るソース。
チョコレートクリームと掛け合わせると、濃い甘さと濃い酸味のマリアージュで印象に残るデザートに♪
毎回テラスさんにはこれ系がありますね。酸味=さっぱりの一辺倒ではない味わいがとても気に入っています(^^)

酸っぱいの苦手な方は食べちゃ駄目ですよ〜!


基本的なダマンドタルトにマロンクリーム、ドライ無花果、栗片、ラズベリーソースが乗った構成。
見たまま、美味しい焼き菓子に贅沢なトッピングが施されている味わいです♪
無花果の甘酸っぱいプチプチ感ともよく合う、少量のラズベリーソースが全体を繋ぐ存在感のあるアクセントでした。マロンのほっこり感は焼き菓子との相性は抜群ですね♪

四皿目

上段:洋ナシとカシスのムース*、コーヒーとチョコレートのムース*
中段:チョコレートプリン『ボネ』*
下段:チーズケーキ、赤いベリーとマロンのティグレ

  • コーヒーとチョコレートのムース*


ふんわり香るコーヒーとお酒、チョコレートの甘苦いバランスが良かったです。ムースの質感もこっくりした舌どけが美味しい。
個人的にコーヒーのスイーツは難しい部類ですが、上品に万人向けに纏められた美味しいホールケーキで、流石テラスさん。な印象です(^^)

  • 洋ナシとカシスのムース*


洋ナシのムースがかなり甘め。意外にも中央のカシスムースの酸味よりも勝っているくらいに感じました。
シャルロット生地もふこふこ。全体的に柔らかな口当たりのホールケーキ。

  • チョコレートプリン『ボネ』*


イタリアのデザート。
テラスさんのボネは上下のアマレッティ部分が、もっちりじゅんわり。口溶けがザラりと舌に残る感じ。
間のチョコレートプリンはしっかり蒸されて、ぶるるんと密度が高い、濃厚と言うより濃密

一口で味わうと、口当たりはモチっと感と滑らか感が混在し、味わいはチョコレートとラムの風味で、中々市販品にはないお味が楽しくて美味しい!

日本のとろける滑らかチョコレートプリンを想像すると全然違う、どことなく懐かしい口当たりに、ラムが効いたビターチョコレートの大人の味わいのギャップがあります。
普段あまり頂く機会の少ないデザートで個人的に好きです♪

味の濃厚とは違う、ぎゅっと詰まった濃密さを感じられる印象に残るデザート。ボリュームがありますがまた食べたい♪

  • 赤いベリーとマロンのティグレ


見た目が可愛くて選んでしまった。
ティグレ(虎)模様はベリーで表現したフィナンシェ♪ガッチリと焼き込まれて、ナイフでカットするのも結構ギコギコしました。
表面はその為固い食感。中はアーモンドプードルやバターのじゅわっと油脂を感じる、しっとり具合。
美味しいに決まってますね♪トッピングのマロンクリームとベリーが更にリッチにしてくれています。
正直、こんな美味しい焼き菓子はブッフェじゃなくて、お茶請けでいただきたいですね(笑)

外の固さと中のじゅんわりしっとり感が美味しい焼き菓子

五皿目

上段:ジャスミンティーのクレームブリュレ、マロンと抹茶のティラミス、パンナコッタ リンゴのコンポート*、クレミア
下段:チーズタルト、フルーツショートケーキ

  • パンナコッタ リンゴのコンポート*


パンナコッタよりもリンゴのコンポートが主役の味わいでした。
酸味の強い粒々カシスソースの下に、摩り下ろしリンゴの煮詰められたソース。ドロざらした舌触りでぎゅっと濃縮したリンゴの甘さが際立ちます。
完全にパンナコッタのミルク感は負けていた印象なので、パンナコッタを期待するとあれ?と感じるかも。
リンゴの摩り下ろした質感がお好きな方には、フルーティなデザートとして楽しめます♪

  • フルーツショートケーキ

肌理が粗めなスポンジに爽やかなフルーツシロップがしっとり染みた、私の好みの作りのショートケーキは毎回頂きたい♪
最近お気に入りの食べ方は、一緒にクレミアを食べます。クレミアの濃い乳製品のコクを感じながら、フルーツショートケーキの爽やかな甘さと果実のフレッシュさが美味しいの(^^)幸せのひとくち。

  • マロンと抹茶のティラミス


先月から連続登板。
相変わらず私の稚拙な舌ではマロン感が見つからない(^^;)のですが、カカオニブに抹茶で和のココアを再現!していたり、ほわっほわの幾らでも飲める勢いのクリームの軽さや、ジュワジュワ染みるスポンジ等、ブッフェレベルでは無い、素晴らしいティラミスです♪美味しいね(^^)


カツンと当たるブリュレされたカラメルの下には、クリーミーなジャスミンティー香るカスタード。甘さはいつもより控え目に感じ、ジャスミンティーの主張が効いていました。
若干私には苦手な風味だったかも(ジャスミンティーは好きなのですが)

  • チーズタルト

めちゃめちゃ美味しい♪
だ〜〜い好きなテラスさんのチーズタルト(^^)
今回も薄っすら塩気を感じるトロントロンのチーズフィリングがクラっとするくらい(笑)に美味しい
個人的には市販品や専門店よりも好きなお味と舌触り…それがブッフェです。毎回しつこく言います!もう感激と作っていただける感謝しか浮かばないです。本当に大好き。

最後のお皿。

品切れも結構あったので残ってくれていた子達をよそって来ました。ゆっくりゆっくり、お茶を飲みながら、最後のお皿の愛おしいデザート達を楽しむ時間が好きです♪

こんなに、た〜くさん!食べても『食べ終わるのが勿体無い…さみしい!』といつも思うのは、私だけかしら…。

Twitterに先に載せたイラストです♪今月のお気に入りを描いてみました。

先月も今月も大好きなマロンを堪能出来て嬉しかった〜思い出しながら絵を描いていると、また幸せになれます。

ご馳走様でした。

今月もお腹いっぱい幸せいっぱい!
テラスさんの『マロン』をとても楽しめました(^^)

多種多様なマロンデザート。二ヶ月に渡りこれだけのメニュー数を揃えられる、まずその事に驚嘆致します。
そしてこれだけの規模での、この見た目のクオリティの高さ、美しさは、何度伺ってもスイーツブッフェ界No.1だなぁと、しみじみ実感致します。目で先ず、満たされますよね♪

お味は人それぞれ好みですが、ベーシックなデザートに関してはどれも安定した、抜群の美味しさなのも流石、テラスさんでした。

今月特に、お気に入りはシュークリーム、ヨーグルトとアプリコットのマロンクリーム、ピュイダムール、チェリーのフラン マロンのクリーム、モンブラン2種でしょうか。
正統派の美味しさと、テラスさんらしい素材の組み合わせで生まれるハーモニーが気に入ったデザートでした。
どれもまた『おかわりしたいなぁ』と思わせる印象に残る美味しさで、一期一会のブッフェデザートとの出会い。今日いただけた事に、心から感謝(^^)

美味しい幸せを作って下さって、パティシエさん、いつもありがとうございます。ご馳走さまでした♪

あま子


☆━━━━━━━━━━☆

12月はテレビで取り上げられた影響?予約が取れませんでした(悲しい…テラスさんのクリスマス行きたかった…!)ので、今月が今年最後の訪問になるかも知れません。

毎月毎月、通っても飽くことのない、ブッフェ台を見た時の、ときめく気持ち。
美しくて愛おしい甘い物を食べた時の、満たされる幸福な気持ち、沢山今年もいただけました(^^)

作り上げて下さって、本当にありがとうございます。今年もご馳走様でした♪

そしていつもこうして、テラスさんの記事を読んで下さる皆様。ありがとうございます!
また、来年も変わりなく能天気に、くどくど暑苦しい記事を(苦笑)書けますように♪

ウェスティンホテル東京
www.westin-tokyo.co.jp

川崎日航ホテル×カカオバリー®『【夜間飛行】10月&11月チョコレートスイーツブッフェ 第二弾』

こんにちは、あま子です。
甘い物が好きです。チョコレートも好きです!チョコレートその物が美味しいのに、更にパティシエさんによって『お菓子』として昇華されたチョコレートケーキが大・好・物。です。

今回も自己満足の長々クドい記事ですが、お時間ありましたら見て頂けたら嬉しく思います。

◆ブッフェ概要

プラン:川崎日航ホテル×カカオバリー®「10月&11月チョコレートスイーツブッフェ」第二弾

場所:川崎日航ホテル』7階【夜間飛行】
日程:<第一弾> 2017年11月4日(土)・5(日)・6日(月)
1部12:00~14:00 2部14:30~16:30
※完全入れ替えの2時間制
価格:3,000円(税・サービス料込)
※当日入会可のワンハーモニー会員料金2,700円

私がいつも利用している『一休のスパークリング付きプラン 2,900円』もあります。

先月に引き続き夜間飛行さんで行われた『川崎日航ホテル×カカオバリー®「10月&11月チョコレートスイーツブッフェ」第二弾』に伺いました。

第二弾は一部のお菓子を、カカオバリーシェフのレシピ夜間飛行さんが再現するという非常に興味深く、ワクワクする企画です!

いつもは大人から子供まで楽しめる、皆が好む優しい味わいの夜間飛行さん。その新たな一面が見られるかも?と、とても楽しみに伺いました(^^)

いただきます!

※デザート名の横に記載された使用チョコレート名を添えてあります。

上段:モンブラン01、ショコラキャラメルベリーニ、ゼフィール カシスタルト
中段:エクレア アルンカ
下段:ココナッツパール、ショコラバニーユ、ロイヤルブラン

  • ショコラバニーユ(アルトエルソル)


夜間飛行さんのレシピをカカオバリーのチョコレートで作られた、チョコレートムース。
質の高い素材を使った、バニラチョコのムースは上品なまろやかな口溶けと甘さで、混ざり合い、優しいミルキーなチョコレート味に。とても美味しいです。
濃厚なチョコレートはちょっと、という方にも食べやすい、ムースが美味しい夜間飛行さんのケーキ(^^)
吹き付けられた見た目も可愛らしいですよね♪

  • ショコラキャラメルベリーニ(アルトエルソル65%)


スポイトの中身は甘いアングレーズソース
然程酸味が強くない(私的には)美味しいベリーソースの下にチョコレートムース、スポンジ、一番底に濃い、キャラメルソースが仕込まれているのが味わい的にポイントでした。
アングレーズソースをかけなくても美味しいので、食べ進めてしまい、残り少なくなってから慌ててかけたりしました(笑)
贅沢を言えば、下のキャラメルソースとスポンジ生地の間に空間が出来てしまっていたので、ワンクッション、繋ぐクリームやシロップが入ると生地との馴染みも良く、更に美味しそうかなぁ?と感じました。
でもごてごて凝り過ぎていないのも、夜間飛行さんの良さだと思うのでこの辺りは好みでしょうか(^^)

  • 「ココナッツパール」(アルトエルソル65%)

inspired by ローレン・ジェニン
◆カカオバリーシェフレシピ。
めちゃめちゃ美味しい!な、なんだこれはー!?と見た目の素朴さを、嬉しさで裏切るお菓子。
外の香ばしい焼き色に対して、中の白い生地の密度たるや、粉量のココナッツファインの含有量がとても高い、ぎゅっと詰まったココナッツ味!
ショリショリした食感にぶわっと来るココナッツ味(風味じゃなくて、。)そこにチョコレートクリームが入ってますから…!大好き×大好きな美味しさに、ワタシ大喜び(^^)
コロコロ転がっちゃうのも愛らしいです。

  • 「ロイヤルブラン」 (ゼフィール34%)

inspired by ミケル・グアロ

◆カカオバリーシェフレシピ。
これは下のジャンドゥーヤ層と上のホワイトチョコレートムースの対比が際立っていました。口の中に訪れるミルクの奔流!ミルクミルク〜〜溢れんばかりのミルク感!ミルク好きには堪らないですね(^^)

ホワイトチョコレートムースは温度管理が難しそう。半解凍状態で頂くと、濃厚バニラアイスの様です。口の中で溶けてゆく過程がミルクの旨味でいっぱいでした!夜間飛行さんにはアイスが無いので、これもまた、良いですね。

対して、下層はジャンドゥーヤのナッツの香ばしさと、ピュアチョコレートの香りや甘さを味わえます。少し固めでホワイトチョコレートムースと口溶けに時間差があるのも、また楽しみ方の一つだな、と感じました。

二つのチョコレートの特徴を生かして味わえ、印象に残る美味しいレシピでした(^^)今もあのミルク感!鮮やかに思い出せます♪

  • 「エクレアアルンガ」(エキストラビター64%)

inspired by マーティン・ディエス

◆カカオバリーシェフレシピ。
半分にカットされたシュー生地は三つの小部屋があり、それぞれエキストラビター使用のチョコレートガナッシュとチョコレートタブレットが乗せられたユニークな作り♪
頂く時にはナイフで小部屋それぞれカットして、三つのタブレットのお味を楽しみました(^^)

今月も楽しみだったロールケーキ!


苺のショートケーキ、チョコレートのロールケーキ、クッキーシュー

  • チョコレートのロールケーキ(今月のロールケーキ)

先月とはまた違う(この毎回の探究心、感激します!感謝。)玉子感のあるふわっふわの生地に、少し固めのチョコレート生クリームが巻かれています。
クリームはややビターで甘さ控えめ。質の良い夜間飛行さんの生クリームのおかげでチョコレートと混ぜてもくどさはありません。
ちょっと懐かしい感じもする、固めのこの生チョコクリームが美味しい。

個人的にはスポンジ生地のふわふわの良さが、クリームに負けてるかなー?という感じもしたので、この口当たりのクリームだったら生地も少し重めのチョコレート生地が良かったかなぁ(^^)

と言いつつ、こんなに美味しいロールケーキをお好みの厚さにカットして頂けるなんて、毎回飽きずに大興奮。何センチにするべきか真剣に悩みます(笑)
今日は2cm!

  • 苺のショートケーキ

inspired by 馬場園 安秀

一口食べて『いつもと違う!?』
美味しいです。
いつもの優しい、飽きの来ないショートケーキにプラスされた、ふわほわっの生地の旨味、薄く塗られたカスタードと美味しい生クリーム。フレッシュな苺の美味しさ。
軽いのですが、深みがある、素材の美味しさが伝わるショートケーキです!

思わずパティシエさんに、いつもと違いますか?と聞いてしまいました(そして名札にしっかりと馬場園シェフが作られたと書いてありましたね…恥)

定番のお品も作り手でこんなにも変わるんですね。いつもは食べやすくて有り難いと感じる夜間飛行さんのミニサイズにカットされたケーキが『小さくて足りない!』と初めて思い、おかわりしてしまいました。

カカオバリーのシェフレシピに対してこのショートケーキをご自分のレシピとして並べた、馬場園シェフのスイーツに対する向き合い方が伝わる、とても素直に美味しい。と感じられるショートケーキでした(^^)

  • カフェチョコ(エクセランス55%)


ネッチリ固めのチョコレートガナッシュにコーヒーがしみしみスポンジに下はバニラムース。
ガナッシュ部分のチョコレート、やっぱり美味しい♪

きちんと抽出したコーヒーじゃないとチョコレートと合わせた時に雑味と苦味だけが残り、折角のチョコレートの香りと相殺しあってしまうので個人的にはチョコとコーヒーのお菓子は難しく感じています。

夜間飛行さんはコーヒー物が毎回、苦味も風味も良いですね。チョコレートとも相乗効果で高め合う効果になっていました。
下層のバニラムースで苦味が勝ち過ぎていない仕上がりなのも夜間飛行さんらしいですね!

  • オレンジチョコ(エクセランス55%)


私のお気に入り。
爽やかな甘さのオレンジソースに、薄い酸味のあるフロマージュ風ムース。中にはちょっと濃い味わいのチョコレートガナッシュが仕込まれています。このチョコレート部分の主張が意外に強めなのが、ムース系の穏やかな印象を引き締めるポイントになっていました。
しっかりとオレンジ✕チョコレートの大好きな組み合わせを感じられます!

全体的にはムース系なので重くなく、爽やかだけど、チョコレートのポイントが効いた甘さも感じられて美味しかったです(^^)

チョコレートその物の食べ比べもありました

お皿にのせる時のワクワク感!


上段:フランボア、バナナとチョコのグラス
下段:アントルメ イナヤ、ベイクドチーズ、クラシックショコラ

  • フランボア


ツヤツヤ可愛いソースがかかった甘酸っぱいフランボワーズムースに柔らかなスポンジ。
ちょっとシンプル過ぎるかな?と最初感じましたが、実際他のデザートと一緒に頂くと、このシンプルさが良いリフレッシュにもなりました。夜間飛行さんのムースは私、大好きです。
見た目も今迄あまり、見かけなかったタイプのスタイリッシュな感じが素敵ですね(^^)

  • 「アントルメ イナヤ」 (パプアジィ35%)

inspired by マーティン・ディエス

チョコレートフェア第二弾を代表する、正にカカオバリーのチョコレートを堪能出来るケーキでした。
グラサージュのチョコレートはどこまでも滑らかで痺れる甘さ。包まれたムースはビター、更にガナッシュの様なこっくりとしたチョコレート層はコク深く、カカオの鮮やかな印象を放ちます。

全体を味わえば各層が混ざり合い、深みを増した怒涛の『チョコレート』に『酔えます。』
これはチョコレート好きには堪りませんね…

見た目は潔いシンプルな出で立ち。
味わいは今回第二弾の代表作ではないでしょうか。素晴らしい満足感のあるチョコレートケーキでした。

  • バナナとチョコのグラス(エキストラビター64%)


キャラメル?を纏ったバナナに下はチョコレートムース。夜間飛行さんの美味しい〜パイ生地が最大の見せ場(笑)甘さは控え目。バナナとチョコレートはやっぱり合いますね♪
中のフィリングがこの組み合わせのパイが食べてみたい!と思わせる、お菓子寄りのグラスデザート。

  • ベリーのグラスショート

柔らかな口当たりと風味の生クリームにベリーソース。生クリームにカスタード、スポンジ、そしてベリーソース。
先月よりもスポンジの比率がバランス良く感じ、モゴモゴした印象も無く美味しく頂けました(^^)夜間飛行さんのベリーソースのお味が好きです♪

  • クラシックショコラ(エクセランス55%)
  • ベイクドチーズ


大好きな夜間飛行さんのチーズケーキは毎回絶対にいただきます。

おかわりです!

  • 「ゼフィールカシスタルト」(ゼフィール34%)

inspired by フィリップ・ベルトラン

これ、凄く好きです。
薄いお花の様なサブレは紫の色味が付けられていて、いつもの夜間飛行さんでは見られない目新しさも新鮮。
中には極薄いスポンジ生地のクッションがあり、主役は一際目を惹く、深みのあるカシス色のホワイトチョコレート『ゼフィール』を使用したクリーム。
このクリームがとても印象的な、主張のハッキリとしたお味で凄く好きです!
カシスの強烈な酸味に負けていない、強烈な甘さのホワイトチョコレート。二つの主張がマリアージュしたクリームの舌に絡み喉に残る深い、濃い味わいと言ったら…
もう!甘党、酸味好きには堪んないですよ〜!

非常に強い個性のある味なので、人を選ぶかも知れませんが、私は大変気に入りました。下のサブレのサクサク感も軽やかなアクセントになっていて美味しかったなぁ(^^)


お皿を持って、どれにしようか、あれもコレも美味しいから選べない〜〜とブッフェ台をうろうろする時間の楽しさと言ったら♪

ロールケーキは1.5cm。
今月は合計3.5cm食べる事が出来ました!

inspired by ミケル・グアロ

◆カカオバリーシェフレシピ。
海外のシェフのお菓子らしい、ガツンと来る甘さにとことん酔えるケーキです。個人的は一番好みだったかも知れません。

ゼフィール使用のホワイトチョコレートムースは微妙な塩気によりロイヤルブランよりも更に甘さが引き立っています。
練乳のような喉に来る甘さ。このムースだけでも私的にはツボでしたが、中にはフィアンティーヌ入りの食感の楽しめる濃厚なガナッシュが入り、カカオとミルクのマリアージュで最高!

更に更に、周りをマロンクリームです。そして纏める為の邪魔にならない薄さでスポンジ生地、土台はサクサクのサブレでした。
もう…

本当、堪りませんよね?

最初に食べた時、あまりに好みでクラっとしました!そして作って頂けた事に感謝…ヽ(*^^*)ノ
美味しさに興奮してとてもドキドキ(笑)してしまいます。

かなり逃げ場のない甘さなので万人受けはしないかも?
でも個人的には
『ブッフェだからおかわり出来るけど、食べて無くなってしまうのが惜しくて、一口一口ゆっくり食べたい!』
そんな風に感じた、大好きなスイーツでした。

うふふ。こんなグッと来るお菓子と出会えちゃうなんて(^^)嬉しいなぁ


グッと来たお菓子達をおかわりおかわり。
あぁ幸せです…


オレンジチョコが入らなかったけど、チョコレートフェア第二弾お気に入りのお菓子を描いてみました!


最後のお皿。
大好きなお味を集めてにっこにこ〜

  • クッキーシュー(今月のシュークリーム)


「クッキーシュー焼き立てです」

って聞こえたら、食べちゃいますよね…!?(言い訳)

しかもお腹いっぱいなのに2個!先月に引き続き(笑)私の胃は偉い!

そして終了間際なのに、焼き立てを提供して下さって本当に素晴らしい、ホスピタリティの夜間飛行さん。
品切れしてしまうかも…と言う不安が個人的には一番無い、兎に角お客の視点に立ったサービスを提供して頂けるお店だと、全幅の信頼を寄せております。

心から感謝しながら、ゆっくりと、一つ一つのお菓子を味わって楽しめる。
本当に素敵で大好きなお店です(^^)



今月はキャパが足りず食べられなかったパイシューさん。次こそは!
軽食もサラダひと皿と安納芋のスープだけしか頂く余裕がなく残念。スープは甘くてスイーツの様でした♪
何気に毎月のホテルメイドなドレッシングが楽しみです。今月はりんごとタマネギの爽やかな味わいでした〜(^^)

ご馳走様でした。

味わいに華やかな色彩を感じるお菓子を愛してる私。
第一弾に続く第二弾のチョコレートフェア!
とても楽しみにしていた、カカオバリーシェフレシピのスイーツは凝った構成や刺激的なメリハリのある味わいの物が多く、好みドンピシャりでした!
そして、共に味わった、馬場園シェフの夜間飛行の味わい
お人柄を連想させる様な、心の通ったストレートな素材の美味しさ。これもまた、美味しさの『色』なんだなぁと感じました。

濃厚さや複雑な層の生み出す味わいも美味しい。けれどそれだけを食べ続けると、『何』が美味しいのか彷徨ってしまいます。
馬場園シェフのお菓子はその『素材』自体が美味しいんだ、と気付けます。
生クリームの円やかな旨味、果物の酸味や甘さ、シンプルな生地と合わせた時の美味しさ!

どちらもプロの、努力や技巧を凝らして生まれた味わいには変わりがないのに、こんなにも幅があるんですねぇ…!

お菓子って凄いなぁ
ワクワクやドキドキ。幸せをくれます(^^)
お菓子、甘い物が大好きな私には、本当にパティシエさん達はキラキラして見えます。

ご馳走様でした。
とても美味しいお菓子をありがとうございます!また次回、楽しみ〜〜〜!に、伺います。

あま子
あの幸せなひと時をこうして記録出来て、再度幸せです。
見て下さる方に感謝。

◆一休.com【通常3,900円→2,900円】スパークリング付!ホテルメイドの20種以上のスイーツ&軽食を贅沢にブッフェで

川崎日航ホテル
www.kawasaki-nikko-hotel.com

タカノフルーツパーラー京急上大岡店『オーダーバイキング』

こんばんは!あま子です。
かかりつけの病院で気になっていた糖尿病の検査をして(どんだけ)無事クリアーしたので、暫くまた安心してあま活に励めます!
※甘い物を心ゆくまで堪能して思い出に記録する活動。

月曜日の夜はオーダーバイキング!

ケーキアイス果物(つまり甘い物)を心の底から愛している私に夢の食べ物。それは『パフェ
そのパフェがオーダーバイキング!しかも大好きなタカノフルーツパーラーさんです。
何日も前から、指折り数えてウキウキと楽しみに伺いました♪

イベント概要

『オーダーバイキング』
場所タカノフルーツパーラー京急上大岡店
開催日時:10 月2 日、16 日、23 日、30 日
6:00PM ~ 9:00PM(L.O 8:00PM)

価格:大人1人 税込¥4,320
6 才~12 才 税込¥2,160

<マスクメロンパフェ、マスクメロンジュース対象プランの場合>
価格:大人1人 税込¥4,860
6 才~12 才 税込¥2,484

タカノフルーツパーラー上大岡店は以前コースを頂きに伺った以来です。上大岡の駅の構造が田舎者には複雑で迷います(^^;)タカノさんはデパートの1階に位置し、外からも見える天井の高い開放感あふれる店舗です♪

一番美味しいファーストオーダー!

最初のオーダーのみ、2品可能。その後は完食後に1品ずつオーダー出来ます。


悩みに悩んで、私はフルーツパフェと栗のパフェのWパフェがファーストオーダーです!
並べた時の圧巻のボリューム感と、普段では味わえないパフェ2本が並ぶ様子に大興奮の私です(笑)うふふ。

いただきます!

  • フルーツパフェ

税込¥1,404(本体価格¥1,300)

正にタカノを代表するパフェ♪
ゴージャスですね!季節ごとの12種類のフルーツと、2種類のシャーベット、バニラビーンズ入りの美味しいバニラアイス。

フルーツはそれぞれ一口サイズですが多種類を味わえるのが嬉しい♪今の季節は大好きな『柿』もドーン。うんうん、美味しいです!

そして何気ない下層のコアントローゼリーと、薄切りリンゴのしゃくしゃくとした組み合わせが好きなんですよね。
個人的に苦手なコーンフレーク等が入っていない為、純粋に果物と乳製品の美味しさだけを楽しめる、私が一番好きなタイプのフルーツパフェです(^^)

普段は季節物のパフェを選ぶ事が多く、この定番パフェを食べたのは何年振りかしら?今回の機会に恵まれたのでチョイスしてみましたが、やはりタカノらしさを満喫出来る、素敵な定番パフェでした♪

  • 栗のパフェ

税込¥1,728(本体価格¥1,600)

先行して伺ったお友達が絶賛していたので、絶対にこちらは食べたかった!まだお腹も冷えていない、一番美味しく頂けるであろうファーストオーダーの1品にしよう!と固く決めていましたよ〜♪ワクワク。


タカノさんの重量感のある広口なパフェグラスに、こんもりと盛られたマロンクリーム、甘露煮と渋皮煮の大粒な栗。カスタードやカラメルゼリー、フロランタンのポイントも全てのパーツが好みの構成。
もう、うっとりです(^^)

バニラとマロンアイスは甘く、要所要所で効くカラメルの苦味とのバランスが凄く、美味しい。甘露煮のダイレクトな甘さと固めの食感や、渋皮煮の滋味溢れる、優しい甘さとほぐれる口当たり…最高に好きです!美味しい。

幸せ〜〜栗好きには本当に堪らない、贅沢な美味しいパフェでした♪

ワクワクオーダー♪

税込¥1,512(本体価格¥1,400)

京急上大岡店限定メニュー。Wパフェで冷えた身体を温める、ナイスなHOTデザートを次のオーダーにお願いしました。

温かいカスタードはお好きですか?

私は大好きです!
たい焼きとか、大判焼き、ちょっとぼってりとした、野暮ったい様な口当たりがどこか懐かしくて好きなんですよね(^^)
こちらはそんな温かいカスタードをたっぷり堪能出来そうで、食べる前からニコニコ。


グラスデザート。
ベリーと洋梨の小さ目なシャーベット入り。ゼリーとカットされたフルーツもさっぱりで纏められています。
温かいミルフィーユは甘さが引き立つので、セットとして、とてもバランスが良いグラスでした。


ミルフィーユ。
パイ生地は3枚。サクサク食べ応えのある厚み♪
そしてほんのりと温かいカスタードがたっぷり。これが本当に好きっ!

ほの温かな甘ーいカスタードのもったりとした舌触りに、まろやかな玉子感が美味しいよ〜嬉しいよ〜ゆっくりカスタードを味わいたいのにフォークが止まらないです(^^)
添えられたベリー達のキュンとする酸っぱさ、洋梨のシャクリ。とした歯触りの後に来る、瑞々しい甘さ。
とても美味しいです!

見た目も可愛らしく盛り付けられていて、心も踊り、グラス、ミルフィーユ、交互に楽しんで頂けるのがなんとも嬉しい。
冬に優しい、正にホットなデザートでした♪

  • シーズナルトライフル 洋梨と柿

税込¥1404(本体価格¥1300)

普段のタカノ利用時はパフェばかりなので、トライフルは実は初めていただきました(そう言う意味でも、機会が本当に有り難いです)気になりつつ、今迄食べて来なかったのを少し後悔する程、気に入りました!

まるでグラス入りのケーキ

上部には季節のフルーツ、柿と洋梨
柿も洋梨も食感の残る固さと甘味のバランスも丁度良く、流石フルーツパーラーだなぁと感じる、追熟の見極め具合です。

美味しい美味しいと、大切に果物を頂きつつ、下のカスタードやスポンジ、カラメルクリームや紅茶の香り豊かなゼリー部分等、それぞれが美味しい層で、果物以外の部分もとても楽しめます
上から掘り進めても良し、一気に多層を味わうも良し。

パフェと違い、溶け出さずにゆっくりと味わう事が出来るのも良いなと感じました。とても美味しく、ボリュームもあって満足度が高いデザートでした。
今後、パフェとトライフルで凄く迷ってしまいそうです…今でも優柔不断で中々決まらないのに困った(笑)

  • ~ナイトパフェ~ショコラベリーパフェ

税込¥1080(本体価格¥1000)


夜17時からのメニュー。中々頂けないかな?と思いチョイス。あと、チョコレートが食べたかった!(チョコレート星人)

とは言え、ナイトパフェに相応しい、後にズシンと残る様な重さは感じない、食べやすいパフェでした♪
ずっしり来るのはトップのブラウニー位でしょうか。チョコレートアイスの甘いチョコレート感が、甘党の私には癒しポイント。このアイスがふんだんに使われたタカノのチョコレートパフェも好きなんですよね♪

ソフトクリームやチョコレートムース、クランベリーゼリーを混ぜ混ぜして食べると、思わず『ふふふ』となってしまいます!
甘さと甘酸っぱさ、やわやわ〜と儚い、トロンとした舌触りがとても美味しかったです(^^)

  • 栗スイーツセレクト』…

税込¥1,836(本体価格¥1,700)※セット時の価格です
京急上大岡店限定メニュー。元々は平日限定で5品の中から2品を選べるメニュー。それがバイキング時には個々を一つのデザートとして頼めます。
サイズもセレクト用なので小さめ。フルです頼むのは無理そうだけど、まだすこし食べたい…そんな気持ちのバイキング時には助かるし嬉しいメニューでした♪

私が頼んだのは2品

  • 栗のワッフル


手前のガラス皿は栗のアイスとカラメルゼリー、これは栗のパフェのパーツなので勿論美味しい。
ワッフルは1枚分?とても軽やかな生地で、後半でしたがひょいひょい食べられてしまいました。
少しだけワッフルも食べたい気持ちと、栗を堪能したい気持ちを良い塩梅で満たしてくれる、有り難いプレートでした(^^)


私が最後に選んだのはやはり栗さん。
モンブランクリームの中には栗のアイスとスポンジでした♪
クリームがとても軽いホイップタイプなので、最後でもペロリ。といけました。そして大切に大切に取っておいたトップの栗(笑)
最後に一口で頬張って…

「ん〜〜〜美味しい〜〜っ!」

あぁ〜幸せです。ご馳走様でした(^^)

『栗スイーツセレクト』参考

お友達が食べた栗のパフェ栗のミルフィー。頼まなかったのは栗のあんみつでした。
ミニサイズ?とは言え、どれも丁寧に作られた素敵なデザート達でした♪

ご馳走様でした。


思い出しお絵描きしている最中も幸せな『栗のパフェ』

タカノフルーツパーラーさん。
私にとって、昔からフルーツパフェと言えばこちらが馴染み深く、定期的に通っている大好きなお店です♪

一つの果物でも旬の最盛期と前後では味わいも随分違いますよね。
個人的にはまだ若い時の青々しさも、旬を過ぎた名残惜しい味わいも、季節の移ろいを感じられて好きだったりします。

タカノさんは果物のその時々のベストで、提供していただけると全幅の信頼を置いています(^^)
今回もどのデザートも本当に美味しかった!
オーダーをお願いしてからの提供も早く、あの短時間でこんなに素敵に仕上げて頂ける事にも感動♪
タカノさんのデザートは登場した時の『わぁ〜〜!』と、一気に心華やぐ瞬間、本当に幸せになれます。

今回ご好意で憧れていたオーダーバイキングに窺えて、思っていた通り、とても幸せな時間を過ごせました♪
その節は本当にありがとうございました。天女の様なお気遣いと優しさに感激です。感謝。

ご馳走様でした、タカノさん。とても美味しいデザートをありがとうございます!


あま子
いつも見て下さる皆さん、ありがとうございます。大好きな甘い物を食べて、こうして思い出に記録出来て幸せです。感謝(^^)

タカノフルーツパーラー
takano.jp