雑記と記録。

日々の感想と(主に食べ物)残しておきたい記録(主に食べ物甘い物)

九品仏『【PÂTISSERIE R】デザートビュッフェ』

以前から伺ってみたかったパティスリーエールさんのデザートビュッフェに参加して来ました♪

まさに『参加』と言った感じの
家庭的なあたたかみのあるカフェで行われる、優しい時間の流れるデザートビュッフェでした。

ブッフェ概要
パティスリーエール
場所 系列店『カフェ トラ
最寄り駅は九品仏ですが私は自由が丘から10分位でしたので歩いて行きました。
ブッフェ料金 2600円(税込)

15分前にお店に着くと、既に皆さんお店の前で待たれていて、開始時間10分程前から入店出来ました。


まずはドリンクを注文。ブッフェ準備を暫し待ちます。わくわく。

入り口近くにデザートのお皿が置かれていましたので撮影。

個々の名前はありませんでしたのでお写真のみです。デザートはこれらと後からパイが加わり計11種類。他、軽食キッシュとケークサレ、サラダがありました。


苺のタルトとクラフティー?よりちょっと焼きプディング寄りなタルト


2層のチーズケーキ、ベリーとピスタチオクリームのチーズタルト


ほうじ茶と柑橘のパンナコッタ
柑橘が立っているので、ほうじ茶の風味はちょっと?だったけど、とても滑らかで口当たりは軽いのに味わいは深い、物凄く好みのパンナコッタ!コース料理の最後にデザートとして出てくるクオリティで美味しいです。


焼きシフォンの桜小豆クリーム、ワインジュレフロマージュ


ミニシュー、チョコレートケーキ


桜ロール

※付いてる名前は全て私の感じた味のイメージですので、実際の物とは違います事をご了承下さい。

実際に食べた物

チョコレートケーキは1番甘さがあったかな?切り分けてあるので若干パサつきましたが、周りのチョコレートコーティングのお陰で味わい的にはカバーされてました。

中央の四角い焼いたシフォンの様な生地のデザート。固めの中のクリームと一緒に食べると美味しかったです。

ミニシューは可愛い上に味も絶品だったと思うのですが、小さくて1口、2口で食べてしまいどんな味わいか正しく表現出来ず…


桜ロール。こちらはお店売りの商品の様です。もっちりした桜風味の生地にカスタードや餡子、桜の生クリームが入り手の込んだ品で流石に美味しい!個人的には生地はもう少し空気を含んだ柔らかい方が好きですが、食べごたえもあり、これはこれでお好きな方も多そうです。桜の風味は弱いので、抵抗無く皆さん頂けると思います。
全体的に風味のきかせ方は優しいので、得意ではない素材でも美味しく食べられる様に作られている印象です♪


キッシュとケークサレ
キッシュは私好みのパイ生地タイプで美味しかったです♪ケークサレは菜の花で嬉しかった!どちらも優しい味わいなので、濃い味好きな(不健康)私はもう少し、特にケークサレは塩気が強い方が好みでした。


残りの4種。

右上の2層のチーズケーキがとても好みでした。上部がふわっと、下部がどっしり。少し前から流行った製法ですよね、初めて頂きましたが美味しい!


中に小豆と白玉!が入ったパイが絶品。パイはサクサクで凄く美味しいし、焼かれた白玉の噛みごたえも楽しい。

ピスタチオムースのタルトは土台がチーズタルトだったのに感動。桜ロール以外では1番凝った構成でとても気に入り、また食べたいお味!
ストロベリータルトは苺もフレッシュ、カスタードも土台もそれぞれ丁寧に作られた美味しい質の高いデザートでした。

ご馳走さまでした。

はい。美味しくて
足りません(笑)

でも本当に
とても美味しかった!

一つ一つ、真面目な素材で、きちんと作られたデザートだと分かる味わいでした。
頂いていて素直に、美味しくて幸せになれました。


が、が、が!
悲しき大食いの私には…
美味しいが故、量が少なかった(泣)

これはですね〜
デザート『ビュッフェ』と思わない方が良いかもです。私の個人的なブッフェの定義は『好きな物を好きなだけ。』なので
実際、基本的には予約者人数分の一種類につき一人ひとつ、の用意しか無い様でした。僅かに残りのある物も、どなたかまだ取られていないのか、おかわりしても良いかと物なのか、判断が付きません…
これなら最初からおかわり無しで、一人全種をお店の方が、盛って下さった方が不公平感が無くて良いかと感じました…(ビュッフェじゃないけど(´;ω;`)

正直とても好みで美味しかったので、もっと食べたかった!と言う気持ちが残ったビュッフェでした。お茶会に伺った感じかな。

こちらは気合いを入れてお腹いっぱい甘い物を食べに行く!ではなく、カフェで新作の味わいや色んな種類のケーキをイベント的に、お茶を楽しみながら頂きに行く♪と言う気持ちで伺った方が良いかな、と思いました。
と言うか殆ど皆さんそんな感じで楽しまれてましたけどね(*´ω`*)

決してがっついちゃダメな、優しい居心地の良さを大切にしたい、地元の方に愛されている素敵なお店でした。

大体月に一度の開催で予約必須なので日程や詳細はFacebookをチェックして下さいとの事です(=^^=)
あまり量は食べられないけど、甘い物は好きな方におすすめです。質の良い丁寧に作られた美味しいデザートが頂けるお店ですよ♡

パティスリーエール

食べログパティスリーエール

3月のパフェ

先月に頂いたパフェを記録として。
先ずはお馴染みのタカノ。この日は平日だったけど時間的に1番待ったかも〜大繁盛です。

横浜高島屋『タカノフルーツパーラー』

平日限定パフェ&プレートセット
1944円(税込)
3月は苺と柑橘のプレートと苺パフェを選びました(確かそんな名前)


左下の寒天ゼリーがぶよんぶよんなタカノ的歯応えで何気に好きです。苺より何より1番甘かったフルーツは手前のカット柑橘。


パフェアップ。苺を象ったマシュマロなど一々、タカノは可愛くて癒されるので好き。


ジェラート、グラニテ、クレームブリュレの構成。
ラニテって本来身体が冷えるので苦手ですが、タカノのは味が濃く、冷たさの前に舌にフルーツの風味を感じられるから美味しいグラニテです。
クレームブリュレ部分が乳脂肪の濃さでやはりツボなパフェでした。

DALLOYAU

ダロワイヨ

オペラパフェ
1620円(税込)


オペラ発祥のお店ならでは。ズドーンとカットされたオペラまんまがのっています。


正直、パフェに使われている生クリームがあまり口に合わずびっくり。店舗差?たまたま?あれ〜ダロワイヨの生クリームってこんなだったっけ…と首を傾げる。

気を取り直し、カフェアイスと下のショコラアイスは、流石に美味しい!特にチョコレートloveな私はショコラアイスの濃厚さが大変気に入りました。
中にマカロンも入ってますが、うん。やはりネチネチし過ぎであまり好みでないんですよねー。(先日伺った紀尾井町のオアシスガーデンのブッフェで頂いたマカロンの方が美味しかった!)

オペラ欲とチョコレート欲は満たされました♪(1番強い主張はコーヒーですけどね!)

横浜水信


水信MIXパフェ
1180円(税込)

土日は待ち人もかなり居ました。以前はゆっくり本を読みながらパフェを頂く…と幸せでしたが、今は出来なくなってしまいましたね。


可愛い〜〜
サイズはタカノや果実園と比べると小ぶりでお値段もお手頃。ですが様々なフルーツを美しく飾り切りされた見事な仕事ぶりは素敵です!


フルーツは流石青果専門店が母体なので間違いない美味しさ。この価格なのでお得感あります♡

特に中の苺のジェラートは甘さもしっかりで好み。素材その物はフルーツで、他の部分はスイーツとして楽しめる、手を入れた印象なのもお気に入りなポイントかも。
季節ごとのパフェも楽しいし、気軽に頂くパフェとして好きなお店♪また伺います!

パフェ愛。甘い物愛。あま子。

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町『【オールデイダイニング オアシスガーデン】ランチセミブッフェ』

昨年2016年7月、赤坂プリンス跡地に国内資本プリンスホテル最上級のホテルとしてオープンした【ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町

最上階36階『オールデイダイニング オアシスガーデン』へランチに伺いました。


テーブルセット

プラン概要
オールデイダイニング オアシスガーデン『ランチセミブッフェコース』
メインは好みで選べ、前菜・デザートはブッフェ形式。通常価格5280円
私は一休のタイムセールワンドリンク付き時間制限なしのお得なプランを利用しました。

眺望が最高


店内は中央通路部にキッチンとブッフェコーナーがあり、両翼の様に左右にテーブル席が設けられた店内の作りの様です。
絶景が望める一面の窓、天井が高く、開放感溢れる素敵な雰囲気の中で食事が頂けます♪


冷菜各種
ターメリック風味のリゾーニと幸せの黄色い野菜のサラダ レモンとマヌカハニーソース、鶏胸肉と揚げ蓮根 根セロリ セロリ 林檎のサラダ コリアンダー風味、鶏の砂肝と焼き葱 キャベツ しし唐のサラダ マスタードとクルミオイル風味、ポテトサラダ お菓子仕立て

パプリカのマリネチアシード和え。
呪文の様に長いメニュー名ですが、調理された冷菜は5種類と数は多くはありません。
パンはテーブルにもサーブされるので取りすぎご注意を☆サーモンのリエットをのせて食べると止まらないです(笑)


チーズはセルフカットで頂ける3種と少な目かな。味わいはどれもクセが薄い食べやすい物でした。


とてもとても美味しい生ハムとリーフサラダ


目の前でオイルをかけながら焼き上げる本日の焼き野菜は大好きな菜の花!沢山頂きました。
お皿に盛り付けているとチーズを削ってかけて下さいました。そちらも美味しいのですが、側にあるバルサミコとお塩をかけても多少オイリーながら、お野菜の旨味を感じられ本当に美味しい。


温菜各種
野菜だけのポトフ、本日のキッシュ、ワカサギと野菜のフリット、愛媛産小ヤリイカ 松の実とアンチョビ入り香草入りパン粉焼きオレンジ風味、アッシェパルマンティエ

メニュー名ではどんなお料理かさっぱりのド庶民な私(照)

庶民語に訳してみますと…
野菜の煮物!ジャガイモ具沢山卵焼き!天ぷら!イカにパン粉まぶしてオーブンで焼いた美味しい子!牛肉の煮込みにマッシュポテトがのってる超美味しい子!

って感じでしょうか(高級感台無しですみません)


デザートコーナーはブッフェ台一番手前の目を引く場所に。一部をアップでご紹介。


生姜のブリュレ!わー生姜好きな私は小躍り


サイト記載の品数12品より1品少ない11品(無かったのが1番楽しみだったガトーマロンだったので泣いた)


デザートが絶景に浮かんでいる…
なんて幸せな非日常的空間


いざ実食


前菜一皿目
取り敢えず、温菜以外の冷菜やチーズ類をほぼ全種持って来ました。品数は一皿に収まるくらい少ないですね。

でもみんな美味しい
砂肝好きなので嬉しい!食用菊があしらわれた幸せの黄色いサラダ(このネーミング!)もベビーコーンが大好きなので美味しかったなぁ。聞き慣れないメニュー名ばかりですが味わいはどれも食べやすく、品数が少ないせいもあり味の被りもなく、それぞれ頂く度に嬉しくなります♪


前菜2皿目
生ハム凄く好みの塩気でした。ポトフもおススメのバジルソースやマスタードを添えると非常に美味。素材の味が活きたお料理ばかりです!


メインが来ないので前菜3皿目
左上のアッシェパルマンティエという最早口にするのもメニュー名が難しいお料理ですが、要は柔らかくほどけるお肉×マッシュポテト×チーズ=美味しいーっ!!間違いのないメニューで沢山いただきました。


メイン登場。
選んだのは『各地の漁港より シェフのひらめきで
この日はスズキのソテーをトマトのソースで。
スズキはふっくらと肉厚で、いや、めちゃ美味しいです!
白身のお魚大好きですし、味付けがとっても好み…これは嬉しい~♡同伴者は『オーストラリア産 牛フィレ肉のソテー 温野菜とオニオングラタン』を選んでいましたが、こちらもレア感が好みで美味しい。と満足の様でした!

セミブッフェだとメインのボリュームが少ない所も多いですが、こちらはボリュームもあり、前菜を食べ過ぎていると小食の方は結構お腹いっぱいかもしれませんね。私は勿論ペロッとですが。

本気出す時が来た


とりあえず全種盛るよね?


  • パンナコッタ 白ワインジュレ

ジューシーな果実に白ワインの爽やかジュレ。下のパンナコッタは良い意味で乳臭い、しっかりと牛乳の味わいでジュレとの対比が美味しい。

  • 桜ショートケーキ

若干上の桜風味の生クリームに香料の人工的な香りがしましたが、季節モノ&スポンジが柔らかふんわり肌理粗め、の好みのタイプで軽く、いくつでも食べられる勢いでした。


柑橘系とモカ系の二種のマカロン。もう、このマカロンがレギュラーメニューならそれだけでかなり満足度高く、再訪の理由になります!
表面サクッと歯が入り、ねちっとし過ぎず、サイズ感も丁度良い、ドカンと血糖値が上がる甘さも○で大変好みです!このクオリティのマカロンがブッフェで頂けるなんて幸せ…。

  • アントルメポンム

しっかりと火入れされたリンゴの食感と甘さがホテルメイド。土台にもう一工夫欲しいですが十分、美味しいです。


  • スフォリアテッラ

これは衝撃。今迄何度か食べた中で一番の食感!パイ生地の様な儚い物じゃなく、薄くした春巻きやワンタンの皮を揚げ焼きしたようなバリバリ感でした。この日は状態も良かったのか頂くと物凄いバリバリボリボリ音がするので同伴者と思わず笑い転げる程(笑)ものすごーく、美味しいです!!
中はアーモンドクリームでしたが、リコッタやカスタードバージョンもあるようで、そんなの出たら…最高好み過ぎてタッパー持参で大量確保。出来ません。
これは歯応えパイ系好きな方に食べて頂きたい。

  • 宇治抹茶と柚子のガトーオペラ

デザートは殆ど美味しかったですが、一番のお気に入り!はこちら。やはり私は糖度が高い粘度も高い(笑)物がツボ。上部の抹茶クリームのねっとりとした重い甘さと渋味が美味しく。柚子ピール入りのバタクリ部分のコクもとても好き。お皿いっぱいこれを取りたい衝動を抑えるのが大変でした。

  • タルトフリュイ

定番品ですが、こちらのタルトはトングで掴むとほろりと崩れる程しっとりで、タルト生地が特徴的で美味しい♪

  • キャラメルポワール

美味しくない訳ではないですが、他の物に比べるとアレ?と感じる、深みの無い味わいに感じました。ムースもスポンジもぼんやりとしています(食べやすく優しいとも言えます)

デザート2皿目

  • ベリオレットエスプーマ

左上のピンクのグラスデザート。フレッシュベリー類の上に泡立てたベリームース。酸味と甘みのバランスがベストで、口直しのデザートとしてとても好きです。

  • ブリュレジンジャー

ブリュレと言うより、焼きプリン系のしっかりとした火入れ具合で好みとは少し違いましたが、ほんのり薫る生姜の風味も美味しくて安定した存在感。

デザート3皿目

カトラリーが下げられてしまったのでデザートと同じお皿に口直し用の塩気を。

デザート4皿目

抑えが利かなくなり欲望の好み盛り。


最後のお皿。オペラとマカロンがやはり最後まで必須でした。何気にエスプーマもベリー類の質がフレッシュで美味しかった事もあり、リフレッシュ用に美味しくいくつも頂いてしまいました。

ご馳走様でした。

大変楽しめました!
特筆すべきはメインのしっかりとした存在感でしょうか。前菜は前菜であり、メインはやはりメイン。ブッフェ用の温菜類とは一線を画したメインのお料理で、大変美味しくいただけました。この点が満足度を高めますね。

気になった点は、メインを食べ終わると共にカトラリーも下げられてしまったので、デザートから再び前菜…は歓迎されていないのかな?と無言の圧力(苦笑)甘い物からしょっぱい物をゆっくりとループで楽しみたくて時間制限のないプランを選んだので、少々残念でした。(大食いの意見。一般的な食欲の同伴者は前菜&デザート、それぞれ一巡で満足しておりましたよ!)

そしてホテルブッフェ慣れしてる方からすると、正規の価格でこの品数は少々物足りないかも知れません。特に苦手な食材や味付けなどの品が一品でもあると、一気に頂ける品数も減るので寂しい印象かな。
この点は事前にメニューを見ておいた方が無難そうですね。

全体的には味付けがとても自分好みだった事もあり、他のメインも食べてみたい♪前菜類のメニューが変わった頃、再訪ありです!タイムセールや自分に合ったプランを利用するとお得感もありますしね。

プリンス系はどちらかと言うと親しみやすいブッフェのイメージでしたが、こちらは高級路線。でもどこか国内資本のあたたかみを感じる(贔屓目でしょうか)良さがありました。
楽しく美味しいランチタイムをありがとうございました。

あま子。
restaurant.ikyu.com