雑記と記録。

日々の感想と(主に食べ物)残しておきたい記録(主に食べ物甘い物)

東京ベイコート倶楽部『【RISTORANTE OZIO】 デザートブッフェ2017年6月』

久し振りに伺うと「何でもっと早く来なかったの、ワタシ!」と毎回感じる位、お気に入りの場所です。

何もかも美味しくて本当に好み!

◆ブッフェ概要

会員制リゾートホテル 東京ベイコート倶楽部
【RISTORANTE OZIO】デザートブッフェ
2,370円(税・サービス料込み)
平日限定15:00~17:00(ラストオーダー16:45)

◆アクセス
ゆりかもめ国際展示場正門駅
りんかい線 東京テレポート駅

私はいつも一休のカクテル付き2,370円(税・サービス料込み)のプランを利用しています。

リストランテOZIOのデザートブッフェに伺いました!

定期的に訪れたいお店のローテーションに入っているOZIO
少し間が空いてしまい、前回3月以来の訪問になりましたが、もーう!大満足でした。幸せ。


設置されたテーブル上はこんな様子。
こちらはワゴンが周って来る間の、隙間時間に楽しむのが本来役割かと思います。

と言いつつ、このテーブル上のお菓子達ももれなく美味しいので食べ過ぎてしまうのが私です(笑)

SPECIAL DESERT(1人1皿)


美しく華やかな装いのウェルカムデザートの登場に心が踊り、これから始まるデザートタイムのわくわく感を更にアップしてくれます!


ローズ香るジュレにライチの果肉と薔薇の花弁が浮かび、下層は軽めのライチのムース。
ポツンと散らされたグロゼイユ(赤スグリ)とフランボワーズは見た目も可愛らしく、きゅっとした酸味のポイント。
ローズのジェラートがジュレに溶け、混ぜて食べるとこの時季にぴったりの冷えた甘味具合にうっとり。
とても素敵なスペシャルデザートでした。

全種類お願いします。


スペシャルデザートを満喫している頃、やって来ました夢のワゴン。
今日給仕して下さったナイスミドルな方は『一通りお取りしても宜しいですか?』と最初に訊ねて下さったので、恥ずかしくなく、お願い出来ました。小さな心遣いが有り難く、女性は嬉しいですよね。

最初は全種盛り!

上段:抹茶バニラ、スイカのブラマンジェ、ビワとお茶、スパイシーマンゴープリン
中段:クラフティースリーズ、シューキャラメルバナーヌ、フロマージュアナナス
下段:グリオットピスターシュ、ショートケーキ、フィナンシェショコラフランボワーズ

  • スイカのブラマンジェ

可愛らしいチョコレートの種♪ジュレとブラマンジェの2層。西瓜自体がそんなに濃い味わいの果物では無いので、デザートになっても優しい、さっぱりとしたスイカ味でした。


  • シューキャラメルバナーヌ

今月のお気に入り。
小さめなシューですが流石に一口ではいけないので、最初にトップの皮部分だけをいただきます。トップのシュー皮にしっとりとしたクッキーそぼろが付いて、これがまた美味しいの。
アクセントのローストココナッツや、バナナをトッピングしたり、苦味のあるキャラメルクリームをのせたりして先ず、最初の美味しい一口!

その後は中身のキャラメルクリーム、カスタードを堪能します。このカスタードにもとろりと煮詰めたバナナが入っていて、バナナを素材として生かした、とても手が込んだデザートに感動します。

やはりカスタードにはバニラビーンズが入っていないとねー!とこちら食べて実感します。深みが増し、味が締まりますね。
このシュークリーム、凄く美味しくて何個もおかわりをしました。

  • 抹茶バニラ

苦味が勝ち過ぎていない、万人受けの平均的な抹茶味。下層のバニラムースと頂くと抹茶ミルク味で食べやすいですね。
OZIOの安定のレギュラーメンバーですが、個人的にはそろそろ衣替えして欲しいかなぁ。


ケーク、フルーツタルト、チョコレートケーキ、タルトアプリコ

  • ケーキ

(ピスタチオとベリーコンフィチュールのベイクケーキ)
名前は頂いた私の勝手なイメージです。
最初見るからに粉物重量感ある佇まいに取るかどうか迷いました(ブッフェでは基本的に焼き菓子系はお腹に溜まるので避けがちです)
が、OZIOだし、美味しいかも…と頂いたら大正解!めちゃ美味しいベイクケーキです。
生地はピスタチオペーストを贅沢に使用したリッチな風味としっとりした食感が楽しめ、ベリーのコンフィチュールアクセントが効いて飽きずに頂けます。
お尻の方が粒のシャリシャリとナパージュ糖衣を纏った強い甘味で幸せ。
生ケーキよりは生地に水分はないので、その分口の中でゆっくりと味わうと、使われている素材の旨味をぎゅっとダイレクトに感じられます。ハーブティーと一緒に頂くと最高です!

  • チョコレートケーキ

OZIOのチョコレートケーキはちゃんと美味しいです。外側の焼かれた部分と内部のしっとり感が両立していてキャパが許せば、パサついたイメージでガトーショコラ系苦手な私がおかわりしたいくらいです。
それでも苦手な方はショートケーキの生クリームをちょっと拝借して付けて頂くと美味しい!


アマンド、ガレットブルトンヌ、チーズケーキ、チョコレート
小菓子類。みーんな美味しい♪


今回のジェラートは『マンゴーやパッションフルーツのエキゾチックソルベ』だそうです。
さっぱりと言うより、意外に粘度が高い重めな口当たりで、マンゴー主体のフルーツ類をぎゅっと凝縮した、深みのある味わい。この深みが『エキゾチック』っぽかったかも。

早くも全種盛り2回目。

右上2番目。このラインナップにフロマージュを入れて下さるのがOZIOの良い所!ツボを押さえて下さってます。
口当たりは軽く、お味はしっかりとしたチーズ感のあるフロマージュ。合わせる副材料にアナナス(パイナップル)が初夏ですね〜底のソースで重めなチーズをリフレッシュしてくれます。
チーズケーキ好きなので、ブッフェでは欠かせない私にとても嬉しいデザートでした。


  • クラフティースリーズ

アパレイユがもう、堪らなく、とろっとろ!
バニラビーンズはこれでもかと底に沈殿(笑)勿体無いとスプーンでせっせと掬い、グリオットチェリーのキルシュの風味に、心の中で喝采!
『とてもとても好みで美味しいです…!!』


  • フィナンシェショコラフランボワーズ

自由に取れる台のチョコレートケーキと若干被りますが、こちらはギュッっと濃縮したフランボワーズのキューブジュレが仕込んであります。
これが詰まり気味のショコラ生地に程良い酸味とじゅんわりした食感をプラスしてくれて美味しいです!
単純にチョコレートフィナンシェにクリーム載せたデザート。ではない、奥深い、小さなショコラケーキとして味わえました。


土台のマンゴープリンはマンゴー味は薄味。物足りないかなぁ〜と思ったら後味にスパイスが来ます!更に透明ゼリーで包まれた球体を崩すと、中からトロっとパッションフルーツのソースが出てきます。
このソースがキュン!と来る酸味で、更にプチプチ種の食感が楽しく、美味しいの!
ちょっと個性的なマンゴープリンなので、好みはあるかもですが、私はこれ好きだなぁ〜美味しいです!


ワゴン待ちの間はテーブルデザート。

  • フルーツタルト

苦手なダマンドタルト台ですがOZIOのは贅沢に材料が使われていて、とてもしっとりと食べやすく、ほろっと脆く儚いダマンドがじーんと甘く、リッチで美味しいです。緩めのカスタードにフレッシュフルーツのタルトはやはり鉄板のお味ですね。

  • タルトアプリコ

こちらのタルトはパイ層タイプです!同じタルトでも土台が違うだけで、食指が動く率が俄然アップしてしまいます♪
アプリコットとクリームが乗った部分は水分を含みしっとりとした食感が楽しめ、外周はサクッと感が残り、美味しいです!
甘酸っぱさや、タルト台の軽やかさがとても好みで、おかわりしてしまう程お気に入りのタルトでした。


大好きな味を詰め込んだお皿。


  • ショートケーキ

最近頂いたグラスショートで一番好きです!
軽め生クリーム、苺、スポンジとシロップ。至ってシンプルな構成なのに抜群に美味しい。
OZIOさんはたまに作りにムラがある時があるんですが(笑)この日は全てパーフェクトな美味しさ!
スポンジに打たれた甘いシロップの染み込みや、季節外れなのに多目に入った苺のバランスも最高に良く、美味しく頂けました。


  • グリオットピスターシュ

絶対好みであろう!と思っていましたが、予想以上に美味しかった!
ピスタチオムースはそこまで濃厚ではありません。下の滑らかなショコラムース、ショコラスポンジもヘビーとまではいかない、程良い重さ。
そこに大好物のグリオットチェリーが入ります。このチェリーのキルシュの苦味と、トップのフレッシュなダークチェリーの酸味が全体を引き締めていて、小さなデザートですが完成された世界観を感じます。見た目も美しく、凄く美味しいです!


フォカッチャ


厳選メンバー。


  • ビワとお茶

トップのクラッシュした緑茶ゼリーはごく一般的な固さ。甘さは無く、スッキリとした渋味の緑茶味です。これだけだと制作者の意図が読み取れず不思議ですが、その下のビワの果肉を葛で寄せた部分を頂くと、弾力のある食感で緑茶ゼリーとの対比が際立ち、ユニークで印象深いデザートになっていました。
主張の弱い緑茶と合わせるフルーツが枇杷、と云うのも凄く素敵です。
どちらの素材も、上品で滋味深い味わいだからこそ、成り立つバランスに感じました。
繊細な味わいや食感の違いを楽しめ、美味しく、とても気に入って何回もおかわりしてしまいました。


あの味わいをもう一度確かめたくて後半なのにズドンと粉物ケーク。
でも美味しいからいけました!


最後はお気に入りの子達。
ビワもシューもクラフティーもどれもこれも私の好み過ぎて本当に幸せ!

ご馳走様でした。

初夏を感じさせる爽やかなデザートメニューが多かった6月のOZIO。
濃厚好きな私はメニュー見た時はどうかな?と思いましたが、いやいや、大満足!
寧ろ今迄で一番食べたかも?

盛り合わせにした時のバランスが本当に良かった!カスタード、生クリーム、ゼリー、フルーツ、チーズにチョコレート、粉物等々、アレもコレもと色々な種類が頂きたい私には最高です。

フェアとしてテーマ素材を決めて、その素材を使用したお菓子達がズラーッっと並ぶのも壮観だし、好みのテーマだと嬉しい。
でもいくら好きでも、同じ素材だけだと味かぶりや正直飽きが来る時も…
そう考えると、OZIOの様なテーマは絞らず、満遍なく色々楽しめるブッフェの方が、私にはあっているのかなぁ?と改めて感じました。

本当に美味しくて幸せなひと時を過ごせました!ありがとうございます。
また、伺います(*^^*)

あま子。



一休.com 東京ベイコート倶楽部【RISTORANTE OZIO】デザートブッフェ カクテル付き2,370円(税・サービス料込み)
amamonolunako.hatenablog.com