雑記と記録。

日々の感想と(主に食べ物)残しておきたい記録(主に食べ物甘い物)

リーガロイヤルホテル東京『【ガーデンラウンジ】サマーデザートビュッフェ』

また一つ、美味しい幸せと出逢えました。

リーガロイヤルホテル東京「ガーデンラウンジ」
8月の日曜日限定『サマーデザートビュッフェ』に伺いました!

◆ブッフェ概要

サマーデザートビュッフェ』(パティシエ:石和悟氏)
場所:リーガロイヤルホテル東京「ガーデンラウンジ」
日時:2017年8月6日、13日、20日、27日(毎日曜日)
◆ 90分制
◆ 3部制
<ご入店時間 14:00 / 16:00 / 18:00>
場所 ガーデンラウンジ(1階)
料金 おひとり様 大人 ¥3,800 / 小学生 ¥1,900
(いずれもデザートビュッフェ、ドリンク、税金・サービス料含む)
一休。ガーデンラウンジ/リーガロイヤルホテル東京【デザートビュッフェ】
※(サイトより)
シェフパティシエ石和による日曜日限定のデザートビュッフェ。人気のスイーツをはじめ、今回のための特別なデザート、“チェリージュビレ”や“クレープシュゼット”などの演出もご用意。
窓一面に広がる美しい緑を眺めながら、優雅な夏のデザートタイムをお過ごしください。


こちらのホテルに伺うのは数年前に宿泊で利用した以来です。その時は車だったので気が付かなかったのですが(最寄り駅は早稲田駅。今回私は普通に歩いて伺いました)高田馬場駅から無料の送迎バスが出ていました!帰りにご親切に教えて下さった方達と利用しましたが(お優しいお気遣い、本当にありがとうございました!)とても便利でしたのでJRの方は是非ご利用下さいね(^^)

いただきます!

今回会場の入場が開始時間5分前からの案内であまり時間が取れず、ブッフェ台の全体像などのお写真を撮れなかったので個別の様子になります。


品数は多くないので全種類いけるかな!?と、一皿目をワクワクと盛っていきます♪

ローズヒップとハイビスカスのジュレ…
右上:鮮やかな真紅の色合いが見目麗しい素敵なジュレ!ローズヒップがふわっと香り、甘さも意外に感じられます。ユルユルとした口当たりはスイスイと進みますが、かなり緩く、スプーンで掬っても逃げてしまいます。かといってグラスに口をつけて飲むのも抵抗があり(笑)どう食べるのが正解…!?と思案しながら頂きました。飲んで良かったですか!?


二皿目。
とりあえずこの二皿をテーブルに並べ、満面の笑みで(苦笑)私の本日のデザートビュッフェ開始です♪


紅茶のクレームブリュレ
アールグレイを使用したブリュレはしっかりと紅茶>卵感ですね!濃い紅茶の風味を楽しめ美味しいです(^^)
直前にキャラメリゼされた表面にえい!とスプーンを入れると透明度の高い表面のカラメルがグラスの様に割れます。ホロリと甘苦いカラメルがブリュレに更に、深みをくれて美味しいアクセントになっていました。


季節のフルーツショートケーキ…

大好きなメロンのショートケーキで嬉しいな。スポンジはふわっと軽い割とあっさりタイプ。生クリームも甘さ控えめで、特徴的な点はないショートですが素材の質の良さを感じられます。食べていて安心出来る美味しさです。
メロンは少し固めですが逆にちょっとした歯応えがポイントになっていて私は好きです。


プリンアラモード…
卵、牛乳、お砂糖のみで作られたリーガロイヤルホテル東京オリジナルプリンに、生クリームとフルーツが飾られています。
懐かし系の固めなプリンはとてもシンプルなお味。美味しいですが個人的にはアラモードは見た目も華やかなテンションが上がる作りの物が好みなので、もう少し飾られたアラモードだと嬉しいです。


プティシューパリジェンヌ…

シュー皮はしんなり目でしたが、アーモンドダイスが表面にはまぶされ、ローストされた芳ばしさがシュー皮の旨味を上げてくれています。その中にはたっぷりみっちりとクレーム・ディプロマット(カスタードと生クリームを合わせたクリーム)が入っています。バニラビーンズのつぶつぶも愛おしい♡このクリームのお味が、とても個人的な好みにバッチリ合いました!
甘さとコクは残りつつ舌どけはサラッと飲める系。このクリーム美味しいです!堪らない〜サイズもミニで食べやすいのが嬉しく、お気に入りのシュークリームでした(^^)


チーズクリームのフルーツロールケーキ…

今回チーズが使われているデザートは3種類でしょうか?チーズを使用したケーキでも、素材や作り方でこんなに味わいに差が出るのが面白いなぁと思いました(^^)

こちらは酸味がほんのりある、さっぱり目のチーズクリームとフルーツを、ふわっとした卵黄を使わない白いスポンジ生地で巻いた、あっさりパクパク食べれてしまうとても軽~いロールケーキです。
フォークで切ろうとすると、ムニッ〜とスポンジからクリームがはみ出るのを見ると、物凄く愛おしさがこみ上げます(重症です)

美味しいのですが、ちょっとスポンジがあっさり軽過ぎるかも…?(ごめんなさい。ミレフォリアで食べた味わい深い白いロールケーキが私好み過ぎてつい、比べてしまいます(^^;)
クリームもさっぱりなので、生地とどちらかに重めな主張があると個人的にはもっと、美味しく感じられる気がしました。


マンゴープリン…

マンゴーの濃い味わいしっかりでとても気に入ったマンゴープリン。
食べやすいカクテルグラスも量も丁度良かったです♪


パリパリモンブランタルト…

羽衣の様な薄いパリパリカップの中にアーモンドクリームの焼かれた土台。その上に中央部カスタード、サバトン社の濃厚な栗のペーストが絞られて飾りにはマロングラッセ、ピスタチオ、粉糖で美しくおめかし。
ブッフェではなかなか珍しい、オリジナリティのあるモンブランで、食べる前から期待が高まります!

ワクワクと食べると、まずマロンクリームの濃さに感動。美味しい!モンブラン好きとしては自然にほっぺが緩みます(^^)
羽衣パイのパリパリの食感のアクセントも一緒に頬張るとマロンパイの様な味わいでとても美味しいです♪

個人的には、アーモンドダマンドの土台とモンブランクリームは出来たら別々に味わいたいかな〜と感じました(それぞれ美味しいんですよ!)
どちらも甘さも強くコクのある濃いお味なので、若干良さを相殺しあってしまい勿体無い印象でした。私はモンブランモンブランクリームだけのお味を堪能するのが好き故の、贅沢な感想でごめんなさい(^^;)


オペラ…

完全にお店売のクオリティです。
質の高いチョコレート、深い風味のコーヒーシロップが染み出すジョコンド生地にコーヒーバタークリーム、ガナッシュ。折り重なるそれぞれの層が存在感を感じさせつつ、一つのケーキとしてまとまった正統派オペラ。
丁寧に作られた流石ホテルメイド。深い味わいはうっとりする美味しさでした(^^)


ガトーバスク
13日限定のお菓子。伺う日によりテーマがあり限定スイーツが登場します!私の時は『フランス菓子』がテーマでした。こういうのはお楽しみで素敵!別日にまた再訪したくなってしまいます(笑)


卵とバターがたっぷりと贅沢に使われた生地はしっかりと焼き込まれ、バターの焼けた芳醇な良い香りが食べる前から美味しい予感!
本来は黒サクランボを使用する伝統菓子ですがこの日はブルーベリーのコンフィチュールとカスタードを中央にサンド。ジャムの水分と、卵黄のたっぷり入った旨味のある生地が馴染んだ部分は柔らかくモロモロじゅんわり~~この最高に美味しい所をいただく時には美味しさで自然に笑みがこぼれてしまいます!(今回始終、美味しさでニタニタしておりましたが!笑)
逆によく焼き込まれ、クッキー化しているお尻の部分のザクザク感はこれもまた、幸せの味わいでした。


カヌレ・ド・ボルドー
こちらも13日限定のお菓子。

スイーツブッフェでカヌレは嬉しいですね!
見た目は地味ですが、中のモッチリみっちりとした生地と、外皮の固いカチカチに焼き込まれた対比がお好きな方はツボな焼き菓子です。
リーガロイヤルホテルカヌレ、とても美味しいです!口いっぱいに広がるラム酒が華やかに効いたもちもちとした中の部分と、型に塗られたバターと蜜蝋の代わりに蜂蜜でしょうか?焼かれて溶け合い、カチカチに固まったこの黒い部分が甘苦いリッチな美味しさ!
石和シェフはこうした伝統的なお菓子も丁寧に美味しく作られる方なのですね〜素敵です(^^)


豆腐のブランマンジェ・抹茶ジュレ…

まったりしたお豆腐を使用したブランマンジェはお豆腐の味わいがしっかりと感じられます。私はこの豆乳臭さが好き(^^)抹茶の渋味は左程強くはありませんが、お豆腐の円やかさを適度に引き締め、良い塩梅です。飾られた大納言などの甘さが良いポイントの和風デザートでした。


三皿目を持って来ます。これでほぼ全種類です(アイス以外)


早稲田の杜のカステラ…
お米で育った鶏の卵「こめたま」を使用したカステラ。ホテルのショップ『メリッサ』で市販されている商品だと思います。
モフモフとした食感はカステラと言うよりもシフォン寄り?と感じましたが、底のザラメでああ、カステラ味!蜂蜜たっぷりのしっとりしたカステラがお好きな方よりも、シフォンケーキの様に軽い口当たりのカステラがお好きな方におすすめです♪牛乳と一緒に食べたかったです(笑)


赤い果実のヴェリーヌ…

上のボイセンベリーのジュレ部分はぎゅっと果実が詰まった様な濃いお味で好きです♪下のフランボワーズムースは酸味の主張強めで、食感もしっかりしたムースなので食べごたえがあります。酸っぱいのが苦手な方は酸味の逃げ場がないのでご注意下さい。美味しくて好みでしたがこの半分位の量が味に飽きもなくバランスが良い気がしました。


カロン3種。
見た瞬間、既製品では有り得ない、手作り感溢れる無骨なフォルムに逆に嬉しくなってしまいます(^^)

フランボワーズ…
表面サクッと脆い食感、中はムニッと甘さが強いマカロン生地。たっぷりとサンドされたフランボワーズクリームはちょっと酸味があって、生地の甘さと合わさるとキュンと来る酸っぱさに感じますね!美味しい♡

ピスタチオ…
ピスタチオクリームは濃厚!豆っぽい後味もしっかり感じます。こちらもたっぷりとクリームがサンドされていて、マカロン欲がとても満たされます♪とても美味しい〜ブッフェで気に入るマカロンと出会えるのは本当に幸せ!

ショコラフランボワーズのマカロン
13日限定のお菓子。
チョコレートガナッシュの真ん中に粒が残るフランボワーズジャムがサンドされています。チョコの甘苦さに、きゅっと甘酸っぱいジャムのコンビはやはり大好きで美味しいです!
カロンを一度に3種類の味をいただけるなんて、マカロン好きとして凄く嬉しいです!



キャレとサブレ・パリジャン…
バターや力強い小麦の美味しさを感じられる焼き菓子
丁寧に作られ、どちらも素材の確かな品質を感じるのが嬉しいですね。


フロマージュブランとヴェルヴェンヌのヴェリーヌ…
13日限定のデザート。

ふわっと軽い泡立てたホイップムースタイプのチーズムースに、ヴェルヴェンヌと言う爽やかなレモンの様な風味がするハーブのジュレが乗っています。
口当たりの軽いフロマージュブランにスルッとしたジュレは良い組み合わせ。ムース系が好きなので美味しかったです♪



幸せのチーズケーキ…
こんなにもネーミングと味わいが一致するなんて。

最近食べたチーズケーキ達全てを凌駕してしまう、素晴らしく自分好みのチーズケーキと出会ってしまいました…!

めちゃめちゃ美味しいです

これは…
私の求めるチーズケーキの理想形態かも。
余計なモノが一切なく、チーズの美味しさを純粋に堪能出来る、最高のチーズケーキ。

シェフこだわりのデンマーク産のチーズを使用したシンプルなチーズ部分とボトムのみの構成。
レアチーズの様な質感をフォークでカットして頂くと、最初の印象は濃厚。ねっとりした質感、まったりと舌に残るチーズ臭さを強く感じられるのですが、味わうと、直ぐに口溶けます。
その際には雑味の無い滑らかな舌触りで、芳醇なチーズの力強い旨味と濃密な甘さによる満足感のある余韻が…もう、堪りません。

なんて美味しいの…!!

元はザクザク、水分を吸ってしっとりした、薄目のクッキーボトムもこの美味し過ぎるチーズケーキ部分を全く邪魔しない存在。
チーズのしつこいねっとり食感と濃厚さを、ザクザク感で中和して、美味しさを更に高めるアクセントです。

正直見た時と食べた時の受ける印象の差が激しい、シンプルな作りでこんなに美味しいなんて…反則!感動しました。

使われた素材の美味しさがダイレクトに感じられ、やはり一番は素材。そしてその素材を生かす技術が、大切なんだな〜と、改めて実感します。

最近食べたチーズケーキの中で、誰かにお土産に買うのなら、この幸せのチーズケーキを私は選びます!
柔らかくて綺麗に取り分けるのも難しい、今時の写真映えには向かないケーキだけど、味わいは天下一品。
物凄く、気に入りました。

こんなに美味しいケーキをブッフェで頂ける事…本当に本当に幸せです。作って下さってありがとうございます!

いつもの事ですが、大好きな気持ちが溢れ過ぎて、語りが執拗い&長ったらしい割りに空回り気味で申し訳ございません…(^^;)読んで下さった方、本当にありがとうございます。感謝。

実演もありました


チェリージュビレ…
チェリージュビレは好きなので楽しみにしていました。こちらも席まで運んで頂けました。と言う事はこちらは1人一つの提供なのかな?
甘さと卵感が強めの冷たいバニラアイスに、温かいソースの温冷を楽しめます。
チェリーを頬張るとジュワっと染み出す豊かなキルシュ酒の風味。バニラアイスと絡むと素晴らしく美味しい大好きなお味です!
もう少しソースの量を多くしてくれると更に美味しいです(笑)大人が嗜む、贅沢な幸せのお味ですね(^^)


クレープシュゼット…
実演の様子を(食べるのに夢中で)さっぱり見ていなかったら席までサーブして頂けました。こちらもフランベするデザート。実演はやはりフォトジェニックな見映えを意識されたメニューなのでしょうか。
生地はモチモチしたタイプで食べ応えあり。焼き目も美しく、流石ホテルメイドの作りでした。お味は想像通りの美味しさですが、実演メニューがあると満足度が上がりますね(^^)
更に贅沢を言えば、ジュビレとは違うアイスのタイプだと良かったかな、と感じました。

おかわりをいただきます!


欲望のぎゅぎゅっと盛り!
ブッフェ台でこのお皿を作っている時、とてもとても幸せで、最高にニタニタしてしまいました(そしてそのニタニタ最高潮の時にお知り合いの方に声をかけて頂けるという…あるある…恥ずかしかったな…遠い目…(*´ー`*)

軽食類はありませんでしたが、セイボリーとしてキッシュサレ(塩味のケーキ)がありました。パウンドタイプでは無いシフォン系のサレは初めて頂きました。ふわふわの生地に塩味の具材って合うんだ!とびっくり。新たなお味との出会いです(^^)重めなパウンドケーキタイプのサレよりも好みでした♪


幸せのチーズケーキは必須!オペラもカヌレも重いけど食べたい!


全部美味しいのですが、やはり私が好むのは濃い味、濃厚系が好きですね。石和氏のスイーツは濃厚な物はしっかりと甘さがあり、甘い物を食べた満足感=幸せを感じられて嬉しいです。とても好みの味を作って下さるパティシエ様と出会えました(^^)

最後は絶対に幸せになりたい


あぁ…

あああ〜〜〜


本当に美味しいチーズケーキです!!幸せになれました。

アイスもありました。

他に…こんな素敵なフォトジェニックアイスバーもありましたが…残りの胃のキャパシティを幸せのチーズケーキに捧げた為、一つも食べられず。

ご馳走さまでした。

90分は短い!
もっとゆっくりじっくり、味わって、美味しい幸せのチーズケーキを食べたいな。
食べ終わるのが勿体なくて、寂しくて…そんな風に感じました(^^)

石和悟シェフの名前を冠した、サマーデザートビュッフェ。どれも安心していただける素材を使った、既製品が無いホテルメイドの素敵なスイーツビュッフェでした!こんな素敵なビュッフェ、8月だけとは言わず、定期的に是非開催して頂きたいです!

アンケート結果によっては、今後も執り行われるかも?との事でしたので
敢えて、幾つか挙げると…
〇品数が少な目…価格帯の割には(個人的にはおかわりが出来る数で丁度良かったですが)苦手な素材等がある方だと選択肢が少し、少ないかな。

〇軽食がない…セイボリー2品のみは、やはり他のブッフェに比べると見劣りしてしまいます。サラダ、スープ程度はあって欲しい所かな、と。※と言いつつ、私自身は軽食類一切無くても甘い物だけで延々と行けるタイプなので説得力にかけますが(^^;)

〇時間が短い…この価格帯だと120分は欲しいですね。

ホテルの方のホスピタリティ、会場の雰囲気、サービス面。私は以前宿泊した時より更に、より良く感じました!何より何方も、笑顔で接して頂けるのが心も温かくなり、また伺いたいなと、とても良い印象が残りました(^^)

オンリーワンがあると強い

他のお店のお話しで恐縮ですが。
大人気の川崎日航ホテル『夜間飛行』のスイーツブッフェではなんと言ってもその場で好きなサイズにカットしてくれる【ロールケーキ】と同じくその場でクリームを詰めてくれる【シュークリーム】があります。
この二つの揺るがない二枚大看板があるからこそ、夜間飛行の人気がとても高まったのではないかなと個人的には思っています(夜間飛行の素晴らしい所は看板を看板と甘んじず、更に毎回向上させようとしている点もありますが(^^)

アレがあるから、食べたいから、また行こう。
目的になるスイーツがあるって、物凄い強みですよね。

リーガロイヤルホテル東京の今回の【幸せのチーズケーキ】も、伺う目的になるくらい、とても魅力のある美味しいスイーツでした。

個人的には是非こちらを看板スイーツとして、夜間飛行の様に定期的なスイーツブッフェ開催をして是非欲しいなぁと、願ってやみません(^^)通っちゃいます!

伺った翌日

『美味しかったなぁ…(思い出し)ニタニタ』とノートの裏に落描きしてTwitter(@usalunako)にアップした絵


思い出しても幸せになれるって本当に凄いです。
こんな素敵な甘い物を作れるパティシエさん達は本当に凄い!私からすると幸せにしてくれる神様みたいです。ありがとうございました!感謝の気持ちでいっぱいです。

心から、ご馳走さまでした。とても美味しかったです(^^)

あま子




リーガロイヤルホテル東京「ガーデンラウンジ」利用した一休のプランです(^^)
ガーデンラウンジ/リーガロイヤルホテル東京【デザートビュッフェ】目の前で仕上げる炎の演出・シェフパティシエおすすめ日替わりのスイーツも登場!

ガーデンラウンジ/リーガロイヤルホテル東京【デザートビュッフェ】18時入店限定料金!目の前で仕上げる炎の演出・シェフパティシエおすすめスイーツ